soukouki’s diary

この記事が、誰かの役に、なればいい。

Ruby いろんなループ(トリッキーなもの含む)

ループと言いつつ、やっているのは1から10の整数の乱数を作って、そこから6以上の値はもう一度やり直す。というもの

言い換えると、途中脱出が可能な無限ループです。え?スタックオーバーフロー?・・・

puts "loopを使ったもの。多分これが一番メジャー"
a = loop{
    n = rand(1..10)
    break n if n<=5
}
p a

puts "再帰を使ったもの。関数が作れるのなら多分これが一番"
def f
    n = rand(1..10)
    return f if n>5
    n
end
a = f
p a

puts "ラムダ式を使ったもの。関数使ったやつとほぼ同じ"
f = ->{
    n = rand(1..10)
    (n<=5)? n : f.call
}
a = f.call
p a

puts "ただのwhile。他言語ならdo-whileを使う"
a = nil
while a.nil? || a>5
    a = rand(1..10)
end
p a

puts "whileとbreakを使ったもの"
a =
while true
    n = rand(1..10)
    break n if n<=5
end
p a

puts "例外のretryを使ったもの。速度的にも例外的にもあまり良くない"
a =
begin
    n = rand(1..10)
    raise if n>5
    n
rescue
    retry
end
p a

puts "いい感じのやつを自分で定義したもの。なぜ標準ライブラリにない"
def loop1
    yield
end
a = loop1{
    n = rand(1..10)
    redo if n>5
    n
}
p a

puts "Integer#timesを使ったもの。"
a = nil
1.times{
    n = rand(1..10)
    if n>5
        redo
    else
        a = n
    end
}
p a

puts "Enumerable#mapを使ったもの。eachとかでもできるよね"
a = [nil].map{
    n = rand(1..10)
    redo if n>5
    n
}.first
p a

puts "無限リストを使ったもの。loop使ってるじゃんとか言わないで。selectで表現できるのは加点"
a = Enumerator.new{|y|loop{y<<rand(1..10)}}
    .lazy
    .select{|n|n<=5}
    .first
p a

puts "関数に囲ってきれいに書けるようにしたもの"
def infinite_list
    Enumerator.new{|y|loop{y<<yield}}.lazy
end
a = infinite_list{rand(1..10)}
    .select{|n|n<=5}
    .first
p a

# 2017年11月21日追加

puts "Rangeからの無限リスト"
a = (1..Float::INFINITY) # 1/0.0で無限が作れるので、そっちでもいいのかも
    .lazy
    .map{|_|rand(1..10)}
    .select{|n|n<=5}
    .first
p a

puts "デフォルト引数を使ったもの"
def f n=(n=rand(1..10);(n>5)? f : n)
    n
end
a = f()
p a

JavaScriptならイベントを使う方法があるらしい。